Top Page
私たちの取り組み
生産品の取り組み
大葉
菊花
花穂・ほじそ
菊葉
エディブルフラワー
ベルローズ(ミニばら)
ハーブ
鉢物
その他
組合の概要
組合のあゆみ
お問い合わせ
菊花
菊花


特徴と歴史

和食の彩りに欠かせない菊花。見た目の美しさに加えて、あえものやおひたしとしなどの食用としての側面もクローズアップされてきています。平安の昔には、薬草として用いられていたとか。現在、全国需要の90%以上が愛知県で生産されており、ここ豊橋は主要産地として周年栽培が行われています。

豊橋での栽培の歴史は1964年(昭和39年)頃から始まり、1969年(昭和44年)の部会発足と同時に早速共同出荷がスタートしました。1972年(昭和47年)頃からはハウス栽培も普及。周年出荷するための品種の撰定、共同育苗システムの確立、作業体系の改善、包装の合理化などに取り組み、主要産地として質・量ともに全国トップレベルを維持し続けています。

現在も、さらなる優良品種の開発、農薬問題といった安全性への対策などの研究に取り組んでいます。

photo

photo

photo

菊花部会概要 (2014年9月現在)
会員数 28名
栽培面積 50,000坪
登録品種
(農林水産省)
とよおんちぎり、とよおんうんぜん、こまり、豊の秋(ゆたかのあき)、豊温山吹、秋月、金錦
主な活動 重陽の節句消費宣伝、全体会議、圃場廻り、役員会



TOP私たちの取り組み生産品目のご紹介組合の概要組合のあゆみお問い合わせ
All contents Copyright: 豊橋温室園芸農業協同組合 All Rights Reserved.